So-net無料ブログ作成
台風26号 ブログトップ

気象庁 台風26号 2013 予想 進路 10月16日 関東 [台風26号]

2013年10月15日7時30分 気象庁の発表では、
台風26号10月16日予想進路では関東に接近する恐れがあるようです。
 
310261-WID.jpg
台風26号WIPHA(ウィパー)

大型で強い台風第26号は、
15日6時には日本の南に位置してます。
中心気圧は940hPa、中心付近の最大風速は40m/sです。

台風26号は、16日は東海沖から関東地方、および東北地方の沿岸部に接近見込みです。

その後、温帯低気圧に変わり、17日3時には千島近海に進む見込みです。
台風の進路上では、暴風や大雨、高波に厳重な警戒が必要です。


ところで
『台風は温帯低気圧に変わりました』と良く耳にしますが
これはどういう意味なのでしょうか?

実は台風の強弱の変化を指す場合ではなく、台風の構造の変化を指す場合に使う表現です。

具体的には台風の構造が、
熱帯低気圧の構造から温帯低気圧の構造へと変化した場合に使われます。

この構造の変化は後戻りしません

もう一つ似た表現で
『台風は熱帯低気圧に変わりました』
これは台風の構造の変化ではなく、台風の強弱の変化を指す表現です。
具体的には、中心付近の最大風速が台風の最低基準を下回った場合に使います。


台風の構造の変化や強弱の変化まで気象庁はわかるんですね^^

技術の進歩はすごいです。

今回の台風26号は16日以降に温帯低気圧に変化します
つまり構造が変化するということです。


勉強になりますね^^










台風26号 2013 予想 進路 10月15日 関東 [台風26号]

2013年10月15日台風26号の進路予想の記事です。
関東にも接近する模様なので注意が必要ですね
310261-WID.jpg
台風26号 WIPHA(ウィパー)
2013年10月15日4時30分発表によると 
15日3時には日本の南の南大東島東約260kmにあって、
北北西へ毎時25kmで進んでいます。

中心気圧は940hPa、中心付近の最大風速は40m/sです。
大型で強い台風第26号で、2013年度で最も強いと言われています。

台風26号は、15日15時には潮岬の南約550kmに達するでしょう。
16日は東海沖から関東地方、および東北地方の沿岸部に接近する見込みです。
その後、温帯低気圧に変わり、17日3時には千島近海に進む模様。

台風の進路上では、暴風や大雨、高波に厳重な警戒が必要です。



2013年は台風が多い印象ですね
日本に上陸することがあり被害も出ているからでしょうか?
過去の平均台風の発生数や日本上陸の頻度などについて調べました。


台風は30年間の平均で年約26個発生。2013年はすでに26号ですから多いですね

最多は39個(昭和42(1967)年)
最少は14個(平成22(2010)年)

平均で約3個が日本に上陸するようです。

台風の寿命(台風の発生から熱帯低気圧または温帯低気圧に変わるまでの期間)
平均で5.3日です
中には19.25日という長寿記録もあります。

台風26号は今後16日かけて関東に接近する模様です。
今後も台風情報に注意しケガをしないように備えましょう^^

以上、台風26号予想進路情報でした

台風情報 気象庁 26号 2013 進路予想 米軍 関東 [台風26号]

2013年台風26号の台風情報が気象庁から発表されました
米軍の進路予想でも今後台風26号関東に接近する模様です。

310261-WID.jpg
台風26号(ウィーパー)
2013年10月13日16時30分発表頃の発表です。
中心気圧は955hPa、中心付近の最大風速は40m/sで
大型で強い台風第26号は、
13日15時にはフィリピンの東にあり、北北西へ時速15kmで進んでします。
台風26号は、14日から15日にかけて日本の南側を進みその後、北東方向に進路を進めます。
16日15時には関東の東に達する見込みです。
台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要でとなります。


台風は過去30年間の平均で年約26個発生しています。
最多は39個(昭和42(1967)年)
最少は14個(平成22(2010)年)
そのうち平均で約3個が日本に上陸しています。
上陸しなくても平均で約11個の台風が日本から300km以内に接近することがあるようです。

台風は,8月は発生数では年間で一番多い月です。
9月以降になると南海上から放物線を描くように日本付近を通るようになります。

台風の寿命過去は30年間の平均で5.3日です。
長寿記録は19.25日もあったようです。

最近の日本では、「昭和の三大台風」ほどの大規模な災害が、
台風によって引き起こされることはなくなりました。
その大きな理由は、防災対策の進歩?
本当に台風災害に強くなったと、どこまで信じてよいものでしょうか?
実は、「昭和の三大台風」に匹敵するほど強大な台風は、
1961年の第二室戸台風を最後に40年以上の間、巨大な台風は接近していません
最近の台風は弱くなったのかという問題は別にしても、
最近の日本には非常に強大な台風が接近していない、
つまり最近百年弱の間で最も強力な台風は、
いずれも1934年から1961年までの期間に続々と日本に接近していたことになります。
最近は地球温暖化によって台風が強大化しているのではないかという議論が盛んですけれども、
実はデータを見る限りでは、過去の強大な台風に匹敵する勢力の台風は近年の日本には上陸していないのです。

2013年は日本本島に上陸する台風はありましたね
被害も出ています。

それでも過去の台風被害には及んでいないんですね
昭和の台風被害は甚大なものだったと想像できます。

今後も気象庁台風情報
台風26号の進路予想・米軍の台風予想に注意です。



台風26号 発生 進路 予想 米軍 2013 名前 [台風26号]

台風26号が発生しました。
予想進路・米軍や名前などを調べました。
2013年は台風多いですね。気になる台風26号の予想進路です。
310261-WID.jpg
台風26号  WIPHA(ウィパー)
2013年10月11日16時30分発表 
台風第26号は、11日15時にはマリアナ諸島にあって、西北西へ毎時10kmで進んでいます。
中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は20m/sです。
この台風は、12日から13日にかけてフィリピンの東を西北西から北西へ進むでしょう。
14日15時には日本の南に達する見込みです。この方面の船舶は、十分な警戒が必要です。


台風は30年間の平均で年約26個発生しているようです。

昭和26(1951)年以降の台風の発生数の最多は39個(昭和42(1967)年),
最少は14個(平成22(2010)年)です。そのうち平均で約3個が日本に上陸しています。


平均寿命は5.3日のようです
早く温帯低気圧に変わることを期待しています^^

先日は台風が日本に上陸し被害が出ましたね
もう上陸しないことを祈りますが
急に進路を変えてくることもありますので
注意が必要です。




台風26号 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。